陌上花开为君顾

作者:墨青城

    原谅并不是从别人处求得的宽恕,而是从自我内心获得的救赎。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    宋郁白隔着窗看见以陌对顾钧青微笑。眼神一寸一寸的暗下去。他勉强移开视线,轻叹一声。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    这个姑娘终于从那样的悲伤里走出来,然后寻到了一个爱她的人。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    该高兴吧。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    他在手机屏幕上打出一排字,然后按了发送。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    不一会,便收到了回应。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “没有证据的话,千万不能乱说呢。宋学长。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    奥迪TT在一个红灯下停了下来。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “你不问问我为什么来么?”以陌眨眼望向驾驶座上的男子。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “娘子来公司门口却不是为了找我,为夫正在伤心。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “……”她无语。“我来找宋郁白问些事情。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “他老实招供了?”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “有些事似乎比看起来复杂很多。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “需要我帮忙么?”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    她想了想,摇摇头。“我自己解决。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    他一手扶方向盘,一手探过去抓过她的手,拢在掌中,说:“如果解决不了,告诉我。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “嗯。”以陌点点头。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    顾钧青的手总是温暖的,有着让人安定的力量。他不像那种追问着“到底什么事”的啰嗦男,也不像是大包大揽嚷嚷着“交给我”的强权男。他甚至可以不问“你为何而来”,留给你足够的空间和余地,来摆放那些未曾言明的过往和心结。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    他在最大程度上给予你宽容和信任。在你身后负手而立,一回头,就能看见他微笑鼓励的眼神。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    以陌觉得,这样的人应该是个好老板……

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    此时,顾钧青忽而拨通手机,只听他语调平缓的说:“新的杂志封面明天早晨交给我。”说完,挂了电话。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “是新一期的《S.L.》杂志么?”她忍不住八卦。那似乎……是宋郁白所在的平面设计部负责的工作?

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “嗯。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “那本杂志我记得……好像是月初发行嘛?这么早就要审定了?”现在,还有大半个月吧,以陌心中膜拜着此人的工作态度。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “适时培养员工的工作效率,也是提高集团向心力的方式。尤其是对一些喜欢惹麻烦的员工而言。”他笑的风华绝代。