陌上花开为君顾

作者:墨青城

    “晚饭我们在寝室煮泡面吃好么?”唐小音摘下耳机问。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “好,我也懒得去食堂了。”李倩保持着单腿站立的瑜伽姿势,按照视频上的指示吸气呼气。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “同意。”原园有些焦躁的翻着那本《雅思单词必背》。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “OK。”以陌凑满了全票,然后自告奋勇的说,“我去买。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    “你中邪了?”李倩脚一滑没站稳,索性不做瑜伽了,冲着她挑挑眉毛,“宅神也有良心发现的一天呐。”

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    以陌其实是不知道怎么回应青君大神那句“我对你更有兴趣”,在游戏里打了句,“我出去吃饭,挂一会机。”便落荒而逃。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    去超市买了各种味道不同的袋装泡面和一些佐餐的小食,以陌晃晃悠悠的回到寝室。唐小音从柜子深处翻出寝室禁止使用的小电锅一枚,咕嘟嘟的煮着水。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    四个人捧着碗围着小电锅一包一包的煮面吃,时而被烫到嘴巴,吃的稀里哗啦。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    等收拾好餐具回到电脑前,青君依然在她附近打坐。而蓝色图腾已经被袖手天下的围追堵截闹的一团乱,终于刷上了世界。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]蓝色雨:袖手天下的帮主能不能出面交涉一下,你们追杀我们蓝色图腾的理由是什么?

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]风吹PP凉:这是怎么了,蓝色的被人踢馆了?

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]放开那个大婶:你找棺材的话,他一直在挂机。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]蓝色妖姬:九尾狐公子,你发什么神经,杀我四次了还追?仗着级别高欺负人么?

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]九尾狐公子:咦,我记得今天上午,123级的你似乎追着我79级的小徒弟穿过了好几张地图嘛,这算不算是“仗着级别高欺负人”呢?

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]蓝色妖姬:你徒弟?谁?

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]九尾狐公子:美人儿,你年纪大了么,记性这么差。“陌上蔷薇”四个字还有印象么?

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]蓝色妖姬:她是你徒弟?上午的时候我查过她的师徒关系,一片空白的。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]九尾狐公子:唔,其实这只是借口。我杀你是因为我想杀~况且捕猎时候我的心情总特别好呢,尤其是猎物趴在地上的时候。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]孤魂野鬼:狐狸神,您的理由太彪悍了……

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]吃饱撑着打酱油:恭喜你,你已经变态成白骨了。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]白骨:别拿我和非人类作比较。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]蓝色雨:白骨,妖姬已经把手套还给你了,请袖手天下不要再杀无辜的人。

    文学 文学 文学 文学 文学

    文学 文学 文学 文学 文学    [世界]吃饱撑着打酱油:我猜,依照骨头的世界观,只有“砍”和“不砍”的概念,他理解不了“无辜”~